ネスティングモジュール

一画面に部品リスト、図面リストを集約して板取りを行うモードです。部品の移動・削除・追加の編集が円滑に行えます。そのため、取数間違いを防ぎ、柔軟に生産計画や板取図の変更が可能になりました。さらに、使用者に分かりやすい設計になっており、作業効率の向上にも役立ちます。
jet_nesting_kinou1
計画と結果をひとつの画面に集約
複数の部品に個数、予備数、優先順位を入力します。これにより材料を自動仕分けし、ネスティング が実行できます。ネスティングロジック設定では保有材料登録、残材登録、サン幅設定、全自動NC データ作成設定など、機械単位で詳細な設定が可能です。そのほか、歩留り優先とプログラム本数 優先の選択、歩留りが低い場合の残材自動保存など、現場を重視した設定ができます。
生産計画パネル
生産計画パネル
生産計画パネルには、「部品」「材料」「残材」タブの3つに分 かれています。それぞれの用途に併せてタブを使い分けます。 設定変更をすると、結果がリアルタイムにリストに反映されま すので、視覚的に確認作業ができます。

● 解りやすいアイコン表示
必要個数を満たしている
必要個数と予備数を使用
必要個数に満たない場合
必要個数を超えている場合
板取り図パネル
板取りパネルには、「板取り図面」「残材図面」タブの2つに分かれています。板取りの結果がリアルタイムにリストに反映されますので、確認がスムーズに行えます。

自由形状とリトライネスティング
究極の歩留まりを追求
● 自由形状ネスティング
複雑な形状の凹凸や、穴の形状を自動切断し、パーツインパーツや千鳥配置を自動で行います。

● リトライネスティング
複数の材料サイズ、ひとつの材料サイズ内でも複数回のネスティングを繰り返しネスティングを行うことにより、究極の歩留りを自動確定します。

加工指示書印刷
板取り編集や割り込みにスピーディな対応
ネスティングされた結果は、板取り図面リスト内に表示されます。一覧表示された板取り図面をクリックするだけで、編集モードになります。板取り内で削除した部品は、部品リストにリアルタイムでフィードバックし、部品ステータスが更新されるため、取り残しを防ぐことができます。また、手動配置についても、自動フィット処理、回転配置機能、空きエリア自動配置などで、スピーディな板取り編集ができます。

端材自動切断
端材を自動分割
●端材自動切断
板取後の材料に手動で割付を行う手間を省きます。また4パターンの切断方法から選択可能なため、残しておきたい材料サイズに柔軟に対応できます。
スクラップ切断処理
●スクラップ切断処理
端材が重い、またはスクラップの置き場所が小さいなどの場合はスクラップ自動切断機能を使用することで問題を解消できます。これにより、現場のスクラップ処理作業を低減することが可能です。
ページのトップへ