レーザー割付

自動回避機能を搭載
全自動割付設定で、材質板厚単位での切断条件を詳細に設定ができ ます。また、ケガキ加工、低速、高速切断等を作図線の色分けで、事前に指定も可能です。レーザー加工機の高速化が進む中、従来では不可能であった、切断穴 とのレーザーヘッドの干渉回避機能、大きい内穴のスクラップカット等、新アルゴリズムの自動割付機能を搭載しました。

① 展開図

② 自動割付

③ 加工順表示
展開図

自動割付

加工順表示


パンチプレス割付

パンチプレス割付
特殊金型にも対応
詳細なパラメータとテンプレート登録(成型 金型、特殊金型、ジョイント金型、パターン 穴)、割付マクロ機能により、独自の割付を パターン化でき、パンチ数を最小限に、品 質の高い自動金型割付ができます。また、 自動割付レポートにより、わかりやすく問題 点の指摘が表示されます。マニュアル割 付、割付修正もスピーディに処理できます。

① 展開図

② 金型自動割付
展開図

金型自動割付


複合機割付

パンチとレーザーを自動判断
複雑な形状も全自動でパンチとレーザーの混在割付ができ ます。また、図形を色分けすることで、最初から金型割付する箇所、レーザー割付する箇所を事前に指定しておくこともできます。その他、ピアスパンチや切断 条件等の詳細パラメータにより、納得できる自動割付が可能になります。

① シングルパンチとレーザー

② 混在割付
シングルパンチとレーザー

混在割付


特殊機械コマンド

シュータ、ピッカーを自動割付
ストップ、ワークシュータ、バキュームピッカーを手動 で割付することはもちろんですが、ローザは外形、内形のサイズと形状を自動判断するため、これらの特殊機械コマンドを、最適な位置に全自動割付ができま す。また、特殊機械コマンド前の空移動をできる限り、少なくするために、レーザー加工開始位置の自動移動処理も可能です。

① 自動ワークシュータ

② 自動ピッカー
自動ワークシュータ

自動ピッカー


自動加工順とレポジション

自動加工順最適モードロジック
自動加工順最適モードロジック
板取り後にオーダーモード(加工編集)で、加工順や金型交換の最適化が実行されます。ムダのない加工順、加工以外の停止時間の削減等のロジックで本来のNC機械の性能を十分に発揮させることができます。また、自社の加工ノウハウや加工機の特性をオーダーテキスト情報にて柔軟かつ詳細な自動加工順設定ができます。
スマートレポジション
加工範囲を超える加工をする場合にはレポジションを自動確定します。
素材のたわみ防止や製品精度を高めるためにも、最適なレポジションを選択できます。

スマートレポジション


加工指示印刷

現場オペレータへ情報伝達
板取り図面、金型交換リストの印刷はもちろん、HTML形式でのブラウザの一覧表示もできます。また、複数の板取り図の一括印刷ができます。
加工指示印刷

加工指示印刷


シミュレーション

NCデータを確認
作成されたNCデータを基に実際の加工機の動きをシミュレーションします。加工経路、金型交換、機械コマンドまで詳細確認ができます。また、加工速度パラメータにより、実際の加工時間の算出も可能です。
複合機・レーザー
▲複合機/レーザー
タレパン
▲タレパン

多数個取りとマニュアル配置

フィッティング機能搭載
部品を指定するだけで、最適歩留りの定尺材料を自動選択します。またマニュアル配置もサン幅を考慮した自動フィッティング機能により、スピーディに部品干渉のない板取り編集ができます。

サン幅共通
(自動)

マニュアル板取
(自動フィット)

縦横混在
(自動)
サイン幅共通(自動)

マニュアル板取(自動フィット)

縦横混在(自動)


マルチCAM

異なる加工機の割付を一括保持
従来のCADCAMでは、複数加工機の場合、加工機単 位で部品データを個々に作成しなければならなかったのですが、ローザでは1つの部品データで複数の加工機のCAM割付を保持できます。そのため、加工機を 増設での負荷低減ができ、図面変更があった場合でも、データ修正をスピーディーに行えます。回転レイヤ機能を使うことにより、ピッカー・ワークシュー ター・特殊金型の角度別割付が可能になります。
マルチCAM

ページのトップへ