ダイレクト3次元作成

1. パラメトリック板金モデリング
板金モデリングはベース面からフランジ面を確定 していく、ダイレクト3次元板金作成機能です。パラメトリック機能により、板厚変更はもちろん、面に対して、穴追加や曲げR変更、高さ変更が簡単にできま す。また2次元と3次元を交互に使用できるため、Z軸を意識しないモデリングが可能です。
2次元からベース作成
①2次元からベース作成
フランジ作成
②フランジ作成
角度フランジとR変更
③角度フランジとR変更
フランジ追加とヘミング作成
④フランジ追加とヘミング作成

2. パラメトリックパーツモデリング

パターンソリッド(角柱、円柱、球、円錐、リ ング)でのモデリングや、ロフト作成、スイープ作成、シェル編集、フィレット編集など、固まりでのソリッドモデル作成編集ができます。また、ソリッドモデ ラーなので干渉処理(合成、取去る)を使用した高度なモデリングも可能です。
角柱ソリッド(XYZ入力)
①角柱ソリッド(XYZ入力)
フィレット、傾斜面作成
②フィレット、傾斜面作成
シェルと円柱ソリッド
③シェルと円柱ソリッド
干渉の取去り
④干渉の取去り

3. パラメトリック編集機能

面倒な板金コーナー突合せ処理、高さ調整、切断処理など、簡単に修正ができます。パラメトリックモデリングのため、操作履歴を修正すると、関連した履歴が自動変更されますので、時間短縮はもちろん、設計ミスを大幅に削減できます。
コーナー突合せ(高さ調節)
①コーナー突合せ(高さ調整)
面の突合せ
②面の突合せ
パラメトリック編集
③パラメトリック編集

2次元から3次元モデル作成

2次元図面の有効利用
従来の2次元三面図、他社2次元CADの図面、展開図から、3次元モデルを作成できます。効率的に3次元化するツールとして、使用されています。
2次元図面
①2次元図面
2次元図面から3次元作成
②2次元図面から3次元作成
自動板金展開
③自動板金展開

展開図から板金3次元モデル作成

展開図から板金3次元モデル作成
過去の展開図データを有効利用
ローザは、2次元展開図から板金3次元モデルの作成も可能です。他社のCADで作成された展開図も、曲げ線に属性を追加することで、3次元モデルの作成ができます。

チェック・確認作業に最適な機能

3次元自動投影
1. 3次元自動投影
3次元モデルを三面図へ
3次元モデルは、正面図、上面図、側面図等、三面図として投影自動作成ができます。また3次元ビューを表示された角度でそのまま図面に表示することも可能です。こうして作成された図面は、寸法チェックや製作指示図面として使用されています。
シーン
2. シーン
組立作業指示をサポート
ローザで作成された3次元モデルから曲げ金型、曲げ順を自動選択して、シミュレーション確認ができます。ステップベンドや複雑なXYZバックゲージ動作も自動選択するため、事前の干渉チェックや段取の短縮につながります。

自動板金展開

3次元を自動板金展開
3次元を自動板金展開
あらかじめ設定された曲げ伸び値で、面をクリックするだけで、正確な展開図を瞬時に作成できます。各種パラメータにより、山曲げ、谷曲げ、成型加工などの色や線種を設定できます。
曲げシュミレーション
曲げシミュレーション
ROZA BEND
(オプション)
ローザで作成された3次元モデルから曲げ金型、曲げ順を自動選択して、シミュレーション確認ができます。ステップベンドや複雑なXYZバックゲージ動作も自動選択するため、事前の干渉チェックや段取の短縮につながります。
3次元データインポート・エクスポート
3次元データ
インポート
エクスポート
ローザの3次元モデリングは標準機能でIGES、SAT、STEPファイルの入出力に対応しています。この機能で他社3次元CADから受け取ったデータもワンクリックで板金展開ができます。その他のフォーマットはオプションでダイレクトコンバータがあります。
ページのトップへ