自動で原点がつく所が非常に助かっています。

──御社の業務内容を教えてください。

sanko01
学校や公共の会場で使用される特殊な机や椅子を作らせていただいています。例えば大学でよく見る机と椅子が一緒にセットになったようなものだとか、椅子の後ろに机が開閉式でついているものなどです。設置する会場に合わせてサイズや仕様が変わったりするので、その時の仕様に合わせて製造しています。社内では抜き・曲げ・溶接をやっており、製品によっては組み立てまでを行っています。

──レイダンを導入したきっかけを教えてください。

sanko03
もともと使用していたソフトが曲げたりなどの板金の要素が弱かったので新しい機械を導入する時に販売店の方に何かいいソフトはないかと聞いた所、レイダンがイチ押しで今後はこれが使用されるようになってくると押してくれたので、他のソフトもあったのですが、じゃあレイダンにしようかということで導入しました。

──導入後のメリットについて教えてください。

sanko02
さっきも言っていた曲げ展開の改善は良かったと思うのがひとつと、以前使用していたソフトがデータの保存の仕方が上手く構築されていなかったので、履歴を探し出すのにとても苦労していたのですがそれが改善されました。また以前は原点を決めてそこから図形を描くという流れだったのですが、レイダンの場合はまず図形を作ってそのまま登録すれば原点が自動でつく所は非常に助かっています。それがRがついていてもできるというのが非常に良いと思います。

掲載企業情報

sanko04
株式会社三幸工業所 様


事業内容
スチール・アルミ・ステンレス加工、学校・公共施設の椅子・机・ベッド、陳列棚・ロッカー・台車、特注製品
導入ソフトウェア
3次元ソリッドモデル CADCAM radan
URL
http://www.k-sanko.co.jp
ページのトップへ