1、iPartの登録がされている全てのパーツを展開が可能になりました。
iPartを自動板金展開することで、iPartで設定されている複数の.dxfファイルを作成することが可能になりました。
基準モデルからiPart作成で複数の寸法設定を行い板金展開することにより、一括で複数の展開図が作成されます。

75f807a675d65545c70a1897915bcd3c

27ed02a219ae3ccd12a10c6bdbd64319
5273b7bb9b9417e6454c6c785d81e418
4371f871d1e051a5f4c7c4c2d161a34d
2、新しいラインスタイル “登録外の成型”が追加されました。金型登録されていない成型形状も展開図に指定された色で反映されます。
3、穴と曲げの間の最小距離の適合性をチェックが追加されました。展開時に穴と曲げ間の距離が適切かチェックを行います。穴と曲げとの距離が最小値よりも小さい場合、エラー表示がされます。
4、コーナー逃し形状「レーザー湾曲」が改善されました。レーザー加工用の逃し形状が作成されます。
5、コマンド「板金データへの変更」の速度を向上しました。シートメタルモードにスムーズに移行できるため、作業効率がアップします。
ページのトップへ