81a46b3c63fbf20609b0cc72edc8835a
1、曲げ機能の簡略化
今まで曲げの追加を行う際、作業平面の追加が必要でしたが、作業平面を作成することなく曲げを追加することができます。
3954b561f83a410bd26be92da6a1dd90
1fe30086f5df2c357e2cb7047b9c748f
2、フランジのレリーフ形状にレーザー溶接が追加。
フランジで面の追加を行う際、レリーフの形状の種類の中に「レーザー溶接」が追加されました。これにより、溶接に適した曲げ逃しを作成することができます。
e4fae5af5e1e941f07bce304d18db943
f34e8fa4303bfa5d149b81835b71488f
3、穴コマンドの簡略化
今までは、穴を追加したい平面を選択して「新しいスケッチ」から穴の作成を行う必要がありましたが、3次元モデル上で直接穴を指定して作図することが可能になりました。
a75a3f197489c83d5a1690f22ac35109

ページのトップへ