マルチCAD環境による効率的な作業環境

Inventor 2016 では、モデル参照をして取り込みする機能の追加により、CATIAやSolidWorks、Pro/Eなどの他社CADデータを関連付けした状態で取り込むことができるようになりました。これにより、Inventorでモデルの編集を行うと、自動的に同時に元のCADファイルも更新されます。
AutoCAD DWGとの同期的な連動

従来のバージョンでは、DWGファイルをInventorにイポートすると参照関係は切れていましたが、Inventor 2016では、DWGとの参照関係は維持されてインポートされるため、DWGファイルを編集するとスケッチも更新されます。
ページのトップへ