データ管理と情報共有がスムーズになりました。

──生産管理システムを導入したきっかけはなんですか

tanaka-interview
導入する前まではアナログ方式で伝票を手書きで書いて現場へ回していました。経緯としては11年勤めていたベテランの事務員さんが産休に入る事になったため伝票関係の処理をデータ管理に移行しようと決めたことがきっかけです。他社製品では、とある品番の図面を見るには品番の情報を開いてから更にワンクリック必要でしたが、シップスは1画面で図面も管理できる事が決め手となり、数ある生産管理の中からシップスを導入することにしました。

──導入後のメリットについて教えてください。

tanaka-machine
図面はファイルに綴っていましたが、過去に製造した品番を探すのに苦労していました。シップスでは検索でデータ抽出ができることと、製品マスタや受注データの1画面で製造に関する全ての情報が登録・確認できるため管理が楽になりました。顧客ごとに期間で範囲指定してCSV出力、必要な部分のみ残して現場で使うチェックリストを作っています。導入前と比較して大幅な時間削減が出来ました。後は、資材注文書を自動で出力出来るように設定していただいた事や指示書などの帳票類も当社のフォーマットに合わせて作って頂いたことでスムーズに移行ができました。

──シップスの一番良いところはなんですか?

tanaka-weld
現場の人が製品の納期を調べる時に以前は事務所まで来ないと納期を確認出来ませんでしたが、現場でも生産管理システムを閲覧出来るようにしたため、現場で納期が確認出来るようになり、情報共有がスムーズになりました。後は機種名で今どこまで製造しているか検索するときも、同時に何機種か製造していてもグループナンバーでまとめて処理出来るようなったことです。

掲載企業情報

tanaka-outside
株式会社 田中ステンレス工業 様


事業内容
ステンレス製品の設計・製造・販売
①航空機内装部品(カウンター・シンク等)
②超音波洗浄機タンク
③食品・医療機器等板金部品各種
④建築材料各種(インテリア・エクステリア)
導入ソフトウェア
生産管理システム CiPS FACTORY
ページのトップへ