業務になくてはならない存在。

──メインで扱っている製品や仕事の流れを教えてください。

鈴重事務所
当社では工業系機械のカバーをメインに製造しています。その他には医療機器、産業用機械部品、レジャーホビー関連商品といった幅広い加工実績があります。一日の仕事の流れは、事務所で受注登録したあとに私の方で受注データを展開して指示書を発行し、それを現場に流して、最終的に検査・出荷という流れになっています。

──生産管理システムを導入したきっかけを教えてください。

鈴重作業
約24年前から生産管理システムを導入していました。導入前は、受注品が現状どこまで出来ているのか把握したいときは、事務員が現場に行って探し回っていました。また、受注品の情報の共有ができず、一人でも休めば一部の情報が分からないままということもありました。このような点を改善するために、導入に至りました。今では生産管理システムは業務になくてはならない存在になっています。

──シップス導入後のメリットを教えてください。

鈴重機械
一つは印刷の自由度が上がったという点です。一覧を出し、その中から必要な分を選んで印刷できるので、無駄な印刷を抑えることができました。また、見積もりから受注登録の流れが非常にスムーズであったり、検索画面でのソート機能が非常に便利で、データがとても見やすくなりました。現場では、工程パネルが格段に良くなりました。シップスでは工程の完了処理をすると画面に表示されなくなるので、現状の受注残を容易に確認することができ、受注残の検索といった無駄な時間を省くことができるので作業効率が上がりました。

掲載企業情報

鈴重内観
株式会社 鈴重 様


事業内容
包装機器、工作機械、専用機、産業用部品の板金製造
導入ソフトウェア
生産管理システム CiPS FACTORY
URL
http://www.suzushige.com
ページのトップへ