複雑なことに全て対応できます。

──御社ではどのような製品を製造されていますか?

daisan01
航空機の内装品を主に取り扱っています。内装品の中でも特にギャレーシステム(調理場)とラバトリーシステム(トイレ)、シートパーツ関係の3種類をメインに取り扱っています。ほかにも大気観測装置の一部を製造しています。板金溶接からハニカムパネル組立、レザー縫製製品まで、職人技を駆使して多種多様なものを生産しています。

──CiPS導入のきっかけは何ですか?

03
顧客からの品質に対する要求レベルが年々アップしてきたというのが一番の理由です。作業指示や実施記録を事細かにデータで提出することが要求され始めました。あとは、受注した後の、外注の発注が複雑化してきたので、そのあたりをボタン一つで簡単に発注したいと考え導入に至りました。

──シップスのここが良いというところはありますか?

05
シップスは複雑なことにすべて対応できます。特に指示書と一緒に図面や不適合などを印刷できるところが良いです。以前は別のフォルダで管理していて、関連する図面などを探して印刷していましたが、シップスでは指示書を出すタイミングで製品マスタに登録してある図面や不適合を同時に印刷することができ、手間を省くことができます。発注も以前は手動で発注先、注文番号、部品番号などの情報を入力していましたが、今は、マスタに一括登録して発注予約で簡単に処理できます。製品マスタの登録ではアセンブリ階層のかなり深いところまで登録できます。シップスでは最大で6階層まで登録でき、弊社では3~4階層程度使用しています。

掲載企業情報

株式会社大三エアロワークス
株式会社 大三エアロワークス 様


事業内容
航空機内装品、特にギャレーシステム、ラバトリーシステム、シートパーツの板金製造
導入ソフトウェア
生産管理システム CiPS FACTORY
ページのトップへ